Research&Seminar

Growth strategy forum

Announcement for the 18th Growth Strategy Forum

    ※※This Forum has terminated※※

    AGI invites distinguished speakers to deliver lectures at “Growth Strategy Forums” for the general public on topics such as economic and industrial trends in the international community, information that contributes to the development of the Kitakyushu region, and lessons from other countries’ experiences for enhancing economic growth.

    The forthcoming Growth Strategy Forum will be jointly held by the City of Kitakyushu, the G7 Kitakyushu Energy Ministerial Meeting Promotion Office, and the U.S. Consulate to commemorate the “G7 Kitakyushu Energy Ministerial Meeting”, which will take place in May 2016. We will invite Professor Yost from the Institute for the Study of Diplomacy, Georgetown University, to talk about issues related to the world’s energy situation and energy security.

    Date and Time

    January 26,2016(Tuesday),14:00-15:45

    Venue

    International Conference Hall, 2nd Floor, Kitakyushu International Conference Center

    Speaker

    Mr. Casimir A. Yost, Professor/Senior Fellow, Institute for the Study of Diplomacy,
    Georgetown University

    Language

    Simultaneous interpretation between English and Japanese

    Participation fee

    Free

    Lecture overview

    To commemorate the “G7 Kitakyushu Energy Ministerial Meeting”, we will invite Professor Yost from the Institute for the Study of Diplomacy, Georgetown University, who is an expert on energy issues, US foreign policy, and national security with emphasis on the Middle East and East Asia. He will talk about issues related to the agenda and background of the G7 Summit, the world’s energy situation, and energy security.

View all

AGI Seminars

AGI Seminar (July 16, 2019) Announcement

    The Asian Growth Research Institute (AGI) invites researchers who work on Asia to present their work at AGI seminars. The participation fee is free for these seminars. The seminars are mainly for researchers, but the general public is also welcome to attend.

    Date and Time

    2-4pm on Tuesday, July 16, 2019

    Location

    6th fl. Meeting Room, Asian Growth Research Institute
    (6th fl., Otemachi Bldg. “MOVE”, 11-4 Otemachi, Kokurakita-ku, Kitakyushu)

    Participation Fee

    Free

    Language(s)

    Japanese for both presentation and hand-out material(s)

    Presenter

    Dr. Shunsuke Managi
    (Principal Professor, Department of Urban and Environmental Engineering, Faculty of Engineering, Kyushu University)

    Topic and Abstract

    Topic:「新たな経済指標: 新国富の活用」
    Abstract:
    「経済」の指標化といえば、GDP(国内総生産)が最たる例であるといえる。経済的な豊かさを国同士や地域同士を比較するとともに、各国の経済政策上の目標としてこれまで、広く利用されてきた。しかし物的な豊かさのみに焦点を当ててきたこれまでの多くの経済指標が、本当にわれわれの望む豊かで持続可能な社会を、反映できているかは疑問を持っている人は少なくないであろう。健康・教育問題、気候変動問題やさまざまな資源問題など、本当にわれわれが目指すべき豊かな社会を考えた場合に解決すべき問題は多様であり、そうした問題を解決し、持続可能な社会を実現するための目標として利用できる指標が必要であるといえる。こうした疑問は学術的にも広く議論がされてきており、その整備は実は着実に進んでいる。
    国連の新国富指標は現在、その代表的な指標として挙げられる。新国富指標はこれまで提唱されてきた社会の持続可能性を評価する指標を包括的にとらえた総合的な持続可能性の評価指標といえる。新国富指標はわれわれの豊かな社会・経済を生み出す資本全体を貨幣価値ベースで推計した指標であり、推進された国連「富の計測プロジェクト」を起点とした新たな経済・社会をとらえる指標として発展してきた指標である。
    現在、九州大学都市研究センターでは、日本全国での市町村単位での新国富の値を公表している(http://www.managi-lab.com/)。こうした新国富の推計をもとに福岡県久山町、宮若市、福井県、山口県防府市などの実際の街づくりの指標としても議論に使われ始めている。とくに九州大学都市研究センターと連携協定を結んだ久山町や宮若市では、実際に推計を行った新国富指標をもとに、2018年度、2019年度予算を編成し、持続可能な町づくりを推進している。こうした総合的な指標により、政策的な優先課題をより丁寧に拾い上げることができ、客観的指標による継続的な評価を行うことができる。そのため、各地方自治体において、自身の自治体の特色が何であるか、より容易に比較することが可能となるだけでなく、持続可能な社会構築のための指針を持つことが可能となる。

    File [PDF]

View all

Staff Workshop

Staff Seminar (August 20, 2019) Announcement

    The Asian Growth Research Institute (AGI) organizes seminars given by its staff.

    Date and Time

    2-3:30pm on Tuesday, August 20, 2019

    Location

    6th fl. Meeting Room, Asian Growth Research Institute
    (6th fl., Otemachi Bldg. “MOVE”, 11-4 Otemachi, Kokurakita-ku, Kitakyushu)

    Attendance fee

    Free

    Language(s)

    Japanese for both presentation and hand-out material(s)

    Presenter

    Chikashi Kishimoto
    (Research Associate Professor, Asian Growth Research Institute)

    Topic and Abstract

    Topic:
    「サービスロボット産業の先駆者 テムザック(tmsuk)社の事例研究:大企業を超える製品開発力の秘密」

    Abstract:
     本研究は、サービスロボット・メーカー、テムザック (tmsuk) 社(北九州出身)の事例研究である。同社は中小企業でありながら、オープンイノベーション活用を通して大企業を超える製品開発力を発揮し、同業界の先駆者のひとつとなっている。同社は、高度なメカトロニクス技術を土台とするインテグレーション (統合化) と実用化 (製品化) の能力を武器に、大学研究者を中心とする多数のパートナーを引き寄せ大規模なイノベーション・ネットワークを形成している。それに惹かれ大企業や公的機関も含む多数の顧客・ユーザーからも製品開発依頼が寄せられている。中小企業の制約を外部パートナーの活用で補い、大学のシーズと現場のニーズが出会う場となることで、多種多様なロボットの開発を実施しているのである。人材育成でも、一見粗放的な (しかし、実は理にかなった) 方法で、ロボット全体の構想力を持ち多様な専門分野に跨るロボット開発プロジェクトを管理できる「プロデューサー」的人材の成長を促していることが明らかにされる。なお、一昨年のAGI所員研究会で同様のテーマで報告を行ったが、今回はその後の調査分析の内容を加えた完成版である。

    File [PDF]

View all

Reliability science workshop

    There is no entry

View all

Other Seminars

AGI Grant-in-Aid for Scientific Research Seminar (Feb 22, 2016) Announcement

    ◆AGI Grant-in-Aid for Scientific Research Seminar◆

    Date and Time

    22 February 2016 (Monday), 13:20-17:10

    Venue

    Conference Room, 6th Floor, Asian Growth Research Institute
    (Kitakyushu Otemachi Building “Move” 6th Floor, 11-4 Otemachi, Kokura-kita, Kitakyushu)
    Participation Fee: Free

    Language

    Presentation and Handouts: English

    Title

    “The AGI Conference on Severance Payment and Labor Mobility”

    List of Participants

    Invited Participants
    Professor Chyi-Herng Chang, National Cheng-chi University, Taiwan
    Professor Hsin-Chang Lu, National Taiwan University, Taiwan
    Professor Shinya Ouchi, Kobe University, Japan
    Professor Naohiro Yashiro, Showa Women’s University, Japan
    Mr. Howard Siu, Baker Mackenzie, Taipei, Taiwan

    AGI Participants
    Professor Erbiao Dai
    Professor Tatsuo Hatta
    Professor Charles Yuji Horioka
    Professor Chikashi Kishimoto
    Professor Yoko Niimi

    Program
    13:20 – 13:30 I.Opening Remark: Tatsuo Hatta
    13:30 – 14:00 II.Professor Chyi-Herng Chang on Severance Payment in Taiwan
    14:00 – 14:10 Comments by Professor Shinya Ouchi
    14:10 – 14:25 Discussion
    14:25 – 14:55 III.Professor Naohiro Yashiro on Introducing Severance Payment System in Japan
    14:55 – 15:05 Comments
    15:05 – 15:20 Discussion
    15:20 – 15:30 Coffee Break
    15:30 – 16:00 IV.Professor Hsin-Chang Lu on Labor Mobility in Taiwan
    16:00 – 16:10 Comments by Professor Chikashi Kishimoto
    16:10 – 17:00 General Discussion
    17:00 – 17:10 Closing Remark

    Click here to register.

View all

Asian Seminar

FY2013 Asian Seminar

    第168回 (2013年11月16日、参加者68名)

    「低炭素と持続可能性を両立する地域づくりの最前線~北九州市の取り組みから~」

    ・基調講演
    「エネルギー・環境・生態系を最適化するアジアの地域づくり―3Eネクサス」
    武内 和彦 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構・機構長、国連大学上級副学長

    ・事例報告
    「ダイナミックプライシングの効果について」
    依田 高典 京都大学大学院経済学研究科教授

    「アジア低炭素化センターの取り組み」
    石田 謙悟 北九州市環境局環境国際戦略室アジア低炭素化センター担当部長

    「北九州市の海外水ビジネス・協力の取り組み」
    小石 佐織  北九州市上下水道局海外・広域事業部長

    ・講評・コメント
    住 明正 国立環境研究所理事長

    ​​第167回 (2013年10月1日、参加者63名)

    日韓海峡圏研究報告「持続可能な環境都市」

    ・基調講演
    「北九州市東田地区における持続可能な開発への取り組み」
    網岡 健司 NPO法人北九州サスティナビリティ研究所理事

    ・研究報告会
    Session 1
    1 自治体の低炭素都市形成戦略のあり方
    天野 宏欣(あまの ひろやす) (公財)福岡アジア都市研究所 主任研究員

    2 佐賀市における持続可能な「環境都市」戦略
    五十嵐 勉 佐賀大学教授

    3 市民と企業から見た持続可能な環境都市:北九州市の取り組み
    今井 健一 (公財)国際東アジア研究センター主席研究員


    Session 2
    1 釜山地域の環境コミュニティビジネス活性化方案
    梁 鎭宇 釜山発展研究院 先任研究委員

    2 気候変化対応のための光州広域市の低炭素グリーン都市造成方案
    金 峯辰 光州発展研究院研究委員

    3 蔚山型生態都市の成果とその評価
    李 尚火玄 蔚山発展研究院 先任研究委員

    第166回 (2013年9月10日、参加者58名)
    「北朝鮮の対外貿易と朝鮮半島の南北協力に関する展望」
    高麗大学校 名誉教授
    黄 義王玉

    第165回 (2013年7月24日、参加者51名)
    「私たちの身のまわりのエレクトロニクス」
    九州工業大学大学院 工学研究院電気電子工学研究系電子デバイス部門 教授
    大村 一郎
    (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門電力エネルギー基盤グループ グループ長
    西澤 伸一

    第164回 (2013年6月3日、参加者75名)
    「グローカル産業としての林業の可能性~九州の林業の動向を中心に~ 」
    北九州市立大学大学院マネジメント研究科 教授
    城戸 宏史

    第163回 (2013年4月23日、参加者67名)
    「国際東アジア研究センター平成24年度研究報告~『東アジア』『産業と物流』『環境政策』~」
    公益財団法人国際東アジア研究センター 研究員

View all

Asia Development Conference

The 3nd International Conference

    The 3nd International Conference on the ”ConstructingCreative Cities and their Collaboration in Asia”

    Date:November 19-21, 2007
    Venue:Rihga Royal Hotel Kokura

    Keynote Speech
    ”The art of creative city making: Building on Asia’s distinctiveness”
    Director, COMEDIA, UK
    Charles LANDRY

    OPen Symposium
    “Strategy for Making Creative Cities in Asia”
    Panelists
    Prof., Osaka City University, Japan
    Masayuki Sasaki

    Director, ItozuZoo, Japan
    Toshiro IWANO

    Assoc. Prof., Temple University, Japan
    Geeta MEHTA

    President, RPA, N.Y.,USA
    Robert YARO

    Director, COMEDIA, UK
    Charles LANDRY

    Moderator
    Prof., The University of Kitakyushu, Japan
    Hidehiko TANIMURA

View all

To page top