Research&Seminar

Growth strategy forum

Announcement for the 18th Growth Strategy Forum

    ※※This Forum has terminated※※

    AGI invites distinguished speakers to deliver lectures at “Growth Strategy Forums” for the general public on topics such as economic and industrial trends in the international community, information that contributes to the development of the Kitakyushu region, and lessons from other countries’ experiences for enhancing economic growth.

    The forthcoming Growth Strategy Forum will be jointly held by the City of Kitakyushu, the G7 Kitakyushu Energy Ministerial Meeting Promotion Office, and the U.S. Consulate to commemorate the “G7 Kitakyushu Energy Ministerial Meeting”, which will take place in May 2016. We will invite Professor Yost from the Institute for the Study of Diplomacy, Georgetown University, to talk about issues related to the world’s energy situation and energy security.

    Date and Time

    January 26,2016(Tuesday),14:00-15:45

    Venue

    International Conference Hall, 2nd Floor, Kitakyushu International Conference Center

    Speaker

    Mr. Casimir A. Yost, Professor/Senior Fellow, Institute for the Study of Diplomacy,
    Georgetown University

    Language

    Simultaneous interpretation between English and Japanese

    Participation fee

    Free

    Lecture overview

    To commemorate the “G7 Kitakyushu Energy Ministerial Meeting”, we will invite Professor Yost from the Institute for the Study of Diplomacy, Georgetown University, who is an expert on energy issues, US foreign policy, and national security with emphasis on the Middle East and East Asia. He will talk about issues related to the agenda and background of the G7 Summit, the world’s energy situation, and energy security.

View all

AGI Seminars

AGI Seminar (February 4, 2020) Announcement

    The Asian Growth Research Institute (AGI) invites researchers who work on Asia to present their work at AGI seminars. The participation fee is free for these seminars. The seminars are mainly for researchers, but the general public is also welcome to attend.

    Date and Time

    2:00 pm to 4:00 pm on Tuesday, February 4, 2020

    Venue

    6th Fl. Meeting Room, Asian Growth Research Institute
    (6th Fl., Otemachi Bldg. “MOVE”, 11-4 Otemachi, Kokurakita-ku, Kitakyushu)

    Participation Fee

    Free

    Language(s)

    Presentation: Japanese
    Materials: Japanese and English

    Presenter

    Dr. Hidenobu Matsumoto
    (Professor, Graduate School of Maritime Sciences/Faculty of Maritime Sciences, Kobe University)

    Topic and Abstract

    Topic:
    “国際航空輸送からみたアジア地域の都市間競争 -福岡空港の成長の限界と北九州空港の飛躍の可能性-”

    Abstract:
    2019年9月、北京に新空港(北京大興国際空港)が開港しました。そして2019年11月には、ソウルでも旅客ターミナル拡張と滑走路新設をはじめとした「仁川空港第4段階建設事業」がスタートしています。このように、航空旅客/貨物需要が急増しているアジア地域では、「ハブ空港」としての地位を目指して、現在、主要都市間で激しい空港拡張競争が繰り広げられています。
    このような背景を踏まえて、本セミナーでは、主に2つの内容をお話する予定です。1つは、国際航空輸送の観点から、アジア地域における主要都市の国際競争力を評価し、これら主要都市との比較の下で、福岡を含む我が国の主要都市の位置付けを把握することです。もう1つは、「複数空港地域」という観点から、福岡北九州大都市圏としての空港競争力を高める必要性について触れた上で、九州北部の3空港(福岡空港、北九州空港、佐賀空港)の果たすべき役割を検討し、北九州空港の将来について考えることです。

    file [PDF]

View all

Staff Workshop

ONLINE SEMINAR ON TUES., AUGUST 25
    Date and Time

    2pm-3pm on Tuesday, August 25, 2020

    Participation Fee

    Free

    Language(s)

    English presentation and material(s)

    Presenter

    Dr. Shinji Takagi
    (Distinguished Research Professor, Asian Growth Research Institute)

    Topic

    Assessing the Role of The IMF in Fragile States

    Abstract

    This paper presents an overview and assessment of the IMF’s role in countries in fragile and conflict-affected situations by drawing primarily on the findings of a recent evaluation report by the Independent Evaluation Office. The IMF is widely acknowledged to have made significant contributions to helping build core economic policy institutions, achieve macroeconomic stability, and promote macro-critical reforms in these countries. Quantitative analyses based on a “dynamic” list of fragile states suggest that the IMF’s program engagement has been positively associated with increased tax revenue, higher GDP growth, and greater official aid inflows. Even so, the IMF’s business model, focused on short-term macroeconomic stabilization, has a tendency to treat fragile states like any other country and does not always fit well with their long-term sustained development needs. The paper argues that the IMF is yet to achieve its full potential and identifies areas where effectiveness can be strengthened.

    Co-authored with Charles Collyns, Director, Independent Evaluation Office, International Monetary Fund, Washington, DC; and Kevin Kuruc, Assistant Professor, Department of Economics, University of Oklahoma
    (Soon to be published jointly by the IMF and Oxford University Press)

    TO PARTICIPATE

    Please send an E-mail to the below E-mail address with your name, affiliation and phone number clearly stated.
    office@agi.or.jp
    We will send you a link for the seminar via E-mail by Monday, August 24.

    File

    file[PDF]

    オンラインで視聴参加するために(お願い)

    アプリをあらかじめダウンロードしていただく方法(1)と、
    アプリのダウンロード無しでブラウザからご参加いただく方法(2)がございます。
    いずれかの方法を選択して実施してください。
    ※スマートフォンでのご視聴は(1)のみ可能です。

    (1)アプリをダウンロードして参加
    ①オンライン配信アプリの「ZOOM」(無料)をお手持ちのPC,またはスマートフォンにダウンロードしてください。
    ダウンロード方法はこちら

    【ダウンロード】をクリックでパソコンにダウンロードができます。

    zoom_dl_image01

    こちらからもダウンロード可能です。
    ・iPhoneやiPadの場合
    » ZOOMアプリダウンロード

    ・androidの場合
    » ZOOMアプリダウンロード

    ②開催前日の8/24(月)にAGIより参加用URLを、お申込みいただいたアドレスへメール(BCC配信)でお送りします。

    ③8/25(火)の13:45~14:00の間に②のURLをクリックして開いてください。⇒『待機室』にてお待ちいただきます。

    ④開始時刻の14時になりましたら、こちらから一括入室を操作し講演をご視聴いただきます。
    ※開始後こちらからロックをかけますので、なるべく時間どおりにURLを開いてください。

    ⑤14:45頃~質疑応答時間の予定です。ミュート(消音)を解除いたしますので、ご質問のある方は手を挙げるか、直接お話しください。

    (2)アプリをダウンロードせずに、ブラウザから参加(PCのみ)

    ①開催前日の8/24(月)にAGIより参加用URLを、お申込みいただいたアドレスへメール(BCC配信)でお送りします。

    ②8/25(火)の13:45~14:00の間に②のURLをクリックして開いてください。

    ③画面下部の『ブラウザから参加』(表示されていない場合は、『ここをクリック』)をクリックしてください。⇒『待機室』にてお待ちいただきます。

    zoom_dl_image02

    ④開始時刻の14時になりましたら、こちらから一括入室を操作し講演をご視聴いただきます。
    ※開始後こちらからロックをかけますので、なるべく時間どおりにURLを開いてください。

    ⑤14:45頃~質疑応答時間の予定です。ミュート(消音)を解除いたしますので、ご質問のある方は手を挙げるか、直接お話しください。

    【ご注意】

    ◇ 講演中はすべての参加者をミュート(消音)設定にさせていただきますが、質疑応答時間(14:45頃~15:00予定)には解除いたします。
    ◇ ご自身の画像(ビデオ)をあらかじめ映らないように設定したい場合は、画面左下のカメラマークに斜線が入るようにクリックしてください。
    ◇ ご利用になるPCやWi-Fi電波状況により、ご視聴が出来ないもしくは途中で途絶えたりすることがあるかもしれませんが、個別の対応は出来兼ねますのでご了承ください。

View all

Reliability science workshop

    There is no entry

View all

Other Seminars

The 5th AGI-Taiwan Joint Seminar

    This time, we are going to hold a joint seminar with two well-known professors from Taiwan: one from Chung-Hua Institution for Economic Research (CIER); the other from National Chengchi University (NCCU). CIER and AGI have signed an academic exchange agreement in 2005. We look forward to your participation!

    Date and Time

    Tuesday, December 12, 2019

    Venue

    6th Fl. Meeting Room, Asian Growth Research Institute
    (6th Fl., Otemachi Bldg. “MOVE”, 11-4 Otemachi, Kokurakita-ku, Kitakyushu)

    Language

    English

    File [PDF]

View all

Asian Seminar

FY2013 Asian Seminar

    第168回 (2013年11月16日、参加者68名)

    「低炭素と持続可能性を両立する地域づくりの最前線~北九州市の取り組みから~」

    ・基調講演
    「エネルギー・環境・生態系を最適化するアジアの地域づくり―3Eネクサス」
    武内 和彦 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構・機構長、国連大学上級副学長

    ・事例報告
    「ダイナミックプライシングの効果について」
    依田 高典 京都大学大学院経済学研究科教授

    「アジア低炭素化センターの取り組み」
    石田 謙悟 北九州市環境局環境国際戦略室アジア低炭素化センター担当部長

    「北九州市の海外水ビジネス・協力の取り組み」
    小石 佐織  北九州市上下水道局海外・広域事業部長

    ・講評・コメント
    住 明正 国立環境研究所理事長

    ​​第167回 (2013年10月1日、参加者63名)

    日韓海峡圏研究報告「持続可能な環境都市」

    ・基調講演
    「北九州市東田地区における持続可能な開発への取り組み」
    網岡 健司 NPO法人北九州サスティナビリティ研究所理事

    ・研究報告会
    Session 1
    1 自治体の低炭素都市形成戦略のあり方
    天野 宏欣(あまの ひろやす) (公財)福岡アジア都市研究所 主任研究員

    2 佐賀市における持続可能な「環境都市」戦略
    五十嵐 勉 佐賀大学教授

    3 市民と企業から見た持続可能な環境都市:北九州市の取り組み
    今井 健一 (公財)国際東アジア研究センター主席研究員


    Session 2
    1 釜山地域の環境コミュニティビジネス活性化方案
    梁 鎭宇 釜山発展研究院 先任研究委員

    2 気候変化対応のための光州広域市の低炭素グリーン都市造成方案
    金 峯辰 光州発展研究院研究委員

    3 蔚山型生態都市の成果とその評価
    李 尚火玄 蔚山発展研究院 先任研究委員

    第166回 (2013年9月10日、参加者58名)
    「北朝鮮の対外貿易と朝鮮半島の南北協力に関する展望」
    高麗大学校 名誉教授
    黄 義王玉

    第165回 (2013年7月24日、参加者51名)
    「私たちの身のまわりのエレクトロニクス」
    九州工業大学大学院 工学研究院電気電子工学研究系電子デバイス部門 教授
    大村 一郎
    (独)産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門電力エネルギー基盤グループ グループ長
    西澤 伸一

    第164回 (2013年6月3日、参加者75名)
    「グローカル産業としての林業の可能性~九州の林業の動向を中心に~ 」
    北九州市立大学大学院マネジメント研究科 教授
    城戸 宏史

    第163回 (2013年4月23日、参加者67名)
    「国際東アジア研究センター平成24年度研究報告~『東アジア』『産業と物流』『環境政策』~」
    公益財団法人国際東アジア研究センター 研究員

View all

Asia Development Conference

The 3nd International Conference

    The 3nd International Conference on the ”ConstructingCreative Cities and their Collaboration in Asia”

    Date:November 19-21, 2007
    Venue:Rihga Royal Hotel Kokura

    Keynote Speech
    ”The art of creative city making: Building on Asia’s distinctiveness”
    Director, COMEDIA, UK
    Charles LANDRY

    OPen Symposium
    “Strategy for Making Creative Cities in Asia”
    Panelists
    Prof., Osaka City University, Japan
    Masayuki Sasaki

    Director, ItozuZoo, Japan
    Toshiro IWANO

    Assoc. Prof., Temple University, Japan
    Geeta MEHTA

    President, RPA, N.Y.,USA
    Robert YARO

    Director, COMEDIA, UK
    Charles LANDRY

    Moderator
    Prof., The University of Kitakyushu, Japan
    Hidehiko TANIMURA

View all

To page top