Research Projects for FY2022

Research Division

Contemporary Issues on Asia-Japan Economic Relations

Group Leader: Masayoshi Honma

 This group focuses on Japan’s ties with Asia and policy issues accompanying changes in the economic environment such as globalization. While conducting academic research, this group cooperates with researchers at home and abroad to carry out policy research conducive to the common development of Asia.The main research topics of this group include: the international flow of people (immigration, international labor migration, tourism, etc.), international trade and FDI between Asia and Japan, and their relations of interdependence.

外国人介護労働者に対する日本人の態度:個人属性と地域属性の影響
Research Summary:
 近年の日本において、人口高齢化の加速に伴い、高齢者介護サービスに対する需要が高まっている。日本政府は介護福祉士不足問題の深刻さに高い関心を寄せており、外国からより多くの熟練した介護労働者を円滑に受け入れるために国の移民政策を改革し始めているが、現在日本で働いている外国人介護者の総数はまだ非常に小さい(2020年2月には16,000人未満)。日本政府の移民政策改革が日本社会から十分な支持を得ているかどうか、そしてどの要因が外国人介護福祉士の受け入れに対する住民の態度に影響を与えているかを検証することは必要かつ緊急な研究課題である。
 本研究では、主に三大都市圏と九州地域を対象とするアンケート調査から得られた個票データと適切な統計分析手法を用いて、以下の問題を解明する。
  1. 日本人住民の個人的属性が外国人介護者に対する態度にどのような影響を与えているのか?
  2. 外国人介護者に対する態度に地域的な違いはあるのか?違いがある場合、地域属性がどのような影響を与えているのか?

 また、これらの実証分析の結果に基づいて、関連政策提言を行う。

Staff: Erbiao Dai
Understanding the Origins and Determinants of Differences in Trust in Institutions
Research Summary:
 Trust is a fundamental element of social capital – a key contributor to sustaining well-being outcomes, including economic development. However, there is a considerable variation in trust around the world. For example, individual trust and trust in institutions are high in Nordic countries such as Norway, Sweden, and Finland. In contrast, the level of trust is low in many Asian countries.
 Additionally, within-country variation in trust also exists.
 This project aims to understand the origin and determinants of differences in trust with a specific emphasis on institutional trust in Asian countries. In particular, we will explore what determines the differences in trust across institutions such as the health care system, banks, educational institutions, political establishment, court, police, and news media. As institutional trust is a fundamental element of social capital and a necessary condition for the processes of investment, innovation, and trade that drive economic growth, this study will attempt to contribute towards policy making on sustainable development in Asian countries including Japan.
Staff: Pramod Kumar Sur
九州の農林水産物輸出拡大戦略に関する研究
Research Summary:
 日本の農林水産物・食品輸出は2021年に1兆円を超えた。国内市場が人口減少に転じる中、日本の農業や水産業の成長のためには、市場を世界、特に近隣の東アジア諸国に求める必要がある。九州は北海道とならぶ食料王国であり、東アジア諸国への輸出に関しては北海道より地理的な優位性がある。
 九州の優位性を活かすためには、東アジア地域への農林水産物輸出の物流拠点を確立する必要があり、北九州は好位置にある。特に北九州空港は、九州で唯一の24時間空港として運用されており、韓国や中国北東部にむけた食料輸出の物流拠点としての活用を模索すべきである。
 現在、新型コロナ禍に苦しんでいるが、回復後の通常の経済状況に備える必要がある。東アジアでの食品市場を分析し、今のうちに九州の農林水産物の輸出拡大戦略を確立することが重要だ。私は2022年にこの目的のために研究を行う。
Staff: Masayoshi Honma

To page top

Growth Policies and Experiences among Asian Countries

Group Leader: Chikashi Kishimoto

This group studies what emerging Asian countries can learn from the economic development process and related policies of Japan, the first modern developed country in Asia, and put forward policy suggestions based on the research results.At the same time, this group studies what Japan can learn from the growth process and related policies of Asian countries with remarkable growth, and puts forward policy suggestions based on the research results.

アジア(特に台湾)のスタートアップ・アクセラレータの研究
Research Summary:
 近年、国内外で、起業奨励とスタートアップ育成の土台として「スタートアップ・エコシステム」の構築が重視されている。エコシステムの構成要素としては様々なアクターが含まれるが、本研究は、特に「スタートアップ・アクセラレータ(Startup Accelerator)」に注目する。その理由として、アクセラレータがスタートアップ・エコシステムの中で、起業家・スタートアップの育成に直接的に携わることに加え、他の関連アクター(例えば、政府機関、大企業、投資家、大学・研究機関)との連携により、エコシステムのハブ的な位置付けになってきていることがある。アクセラレータの役割・ビジネスモデルにも様々なタイプがあるが、本研究では、近年、台湾でも大企業-スタートアップ連携が重視されていることに鑑み、主に大企業-スタートアップ連携促進に重点を置くアクセラレータを1~3社程度取り上げる予定である。研究調査の手法としては、面談調査を含めた現地調査の実施を主とするが、コロナ禍の状況は予断を許さず、オンラインによる面談実施等により柔軟に取り組んでいく。
Staff: Chikashi Kishimoto
Improving Access to Medicines: The Trade-offs
Research Summary:
 Improving access to medicines is important for improving population health and reducing health inequalities. Drug pricing and insurance systems are crucial to improving access to medicines.
 This study aims to systematically analyze the trade-offs between affordability, accessibility, and adoption when improving access to medicines. Specifically, it includes three components: 1) the trade-off between drug pricing and new drug development, 2) the trade-off between drug use and financial sustainability, and 3) how improved access to drugs can improve population health outcomes. This study has three phases. In the first phase (FY2022), we will focus on constructing a database that connects pharmaceutical companies and healthcare providers in China.
Staff: Ying Yao

To page top

Urban Policies for Revitalization of Kitakyushu

Group Leader: Hiroshi Sakamoto

Focusing on the transportation infrastructure construction, environmental business and sustainable urban development that are conducive to the revitalization of Kitakyushu city, this group investigates the successful cases and relevant policies of urban and regional revitalization at home and abroad, and puts forward policy suggestions based on the research results.

新型コロナによる外国人入国制限の非正規労働者賃金への影響
Research Summary:
 近年における日本の所得格差拡大の原因の1つは、外国人単純労働者の増加による非正規雇用の賃金引き下げであると考えられてきた。
 しかし、新型コロナ水際対策の結果、単純労働者の入国数は急激に縮減し、たとえば2021年の技能実習は、前年に比べて、12.6%減り留学生も12.7%減少した。この急激な外国人入国制限は、その賃金引き下げ効果を分析するための貴重な機会を与えてくれる。
 新型コロナ禍は、原材料の価格の上昇や、需要の変化などの影響ももたらしたので、労働供給減少の影響だけを特定するのは簡単ではない。しかしたとえば、留学生減少のインパクトは、業種としてコンビニを選択するなど、対象調査職種を適切に選択することによって、この影響を分析することが可能である。
 本研究では、全国規模のデータでの分析と北九州のデータ分析の比較を行い、北九州における外国人労働市場の性格を浮き彫りにする。
Staff: Tatsuo Hatta
北九州市における構造変化に関する経済モデルの開発
Research Summary:
 本研究は、北九州市の地域活性化を念頭に、産業構造変化を描写する経済モデルを開発する。この研究では、『県民経済計算』のデータを利用し、産業別の付加価値データから生産関数を推計し、経済モデルを開発する。基本的には地域の産業政策を研究することになる。その後、各種シミュレーション分析を通じて、地域経済政策に関する知見を提供する。一例として、北九州空港の滑走路延伸で産業構造がどう変わるのかがあげられる。
Staff: Hiroshi Sakamoto
日本における大気汚染分布の変化の空間分析:1990-2013
Research Summary:
 The sources of electricity generation are directly related to pollution situation. After the Fukushima nuclear disaster in 2011, Japan’s sources of electricity generation greatly shifted towards natural gas and coal. This is seen as having negative implications for air pollution as well as Japan’s ability to cut greenhouse gases by 80% by 2050. This study aims at exploring, from a spatial analysis point of view, the changes in air pollution and different economic indicators, before and after the incident. We do so at a municipal level. Additionally, we regionalize the country by defining boundaries based on pollution levels, for different years. We attempt to provide policy recommendations at the regional level related to the third, seventh, and thirteenth SDGs.
Staff: Alvaro Dominguez

To page top

Consulting Division

Group Leader: Kazuki Tamura
空港整備が地域経済に及ぼす効果に関する調査研究
Research Summary:
 令和2年3月26日に那覇空港の第2滑走路が供用開始され、令和7年3月31日には福岡空港の第2滑走路が供用開始となることが予定されている。また北九州空港においても、令和2年度から滑走路延長計画に関する国の調査が開始され、PI(パブリック・インボルブメント)や環境影響評価などが進められている。
 本研究の主な内容は、このような空港滑走路の拡充および延長が地域経済に及ぼす影響を定量的に評価することである。コロナ禍において航空旅客が減少するなか、航空貨物輸送は堅調に推移しており、滑走路の拡充が航空貨物に与える影響および製造業や流通業を中心とする空港後背圏の地域経済に与える影響を分析することは重要である。また、ヤマトホールディングスが北九州空港を含む国内6空港を拠点に新しい航空貨物機を令和6年4月から運航することを発表するなど、北九州空港においてはその影響はすでに現れつつあり、現状把握を含む調査を行うことが急務である。
 本研究では、北九州空港を題材として、空港滑走路の拡充が地域経済に与える影響を把握し、定量的に分析する手法について研究を行う。
Staff: Kazuki Tamura

To page top